教員がUniversity of the peopleで大学院生になってみた2

どうもアーリーです。現在、私は教員をしながら、University of the peopleでMaster of Educationを学んでいます。


日本の先生たちも、もっともっと世界で学ぶということをしてよいと思っています。そのための情報発信をしたいと思い、このブログを書いています。


https://simonebiles.uopeople.edu/より引用




そもそもUniversity of the peopleとは?


授業料無料で、完全オンラインで運営されるアメリカの大学です。非同期型のオンラインかつ、無料で運営することで、貧困地帯も含めた世界中に高等教育を提供することを目指しています。


詳しくは、以下のブログが参考になりますよ。

無料のアメリカオンライン大学University of the peopleとは?【まとめ】


そこが、インターナショナルスクールで多く採用されているIB(国際バカロレア)と提携して、Master of Educationプログラムを提供しているわけです。それを見つけてから、2020年6月に実際に申し込んでみて、現在に至ります。




オンラインの授業ってどんな感じ?


University of the peopleの学期は8週間で1学期です。それが年間5学期あります。私は6月の5学期から入学をしました。授業はすべて非同期型のオンライン授業です。世界中で同期型をすると大変ですからね。毎週、アメリカ時間の木曜日から課題が出て、それを1週間でやって、水曜日までに提出するといった流れです。私がいるのはMaster of Educationなので、そこでの話を共有しますね。(※まだ1学期終わっただけなので、今後情報が増えればアップデートします)


新入生は、最初の学期は勝手に2コースに登録されています。そして、事前のオリエンテーションでは、1コースにかける時間の基本は1週間で15時間と言われます。


そこで気づくわけです。