PISAの結果でみんな騒ぎ出す

OECDより、12月3日に2018年の国際学習到達度調査PISA(Programme for International Student Assessment)の結果が公表されました。


日本の結果は、以下の通りです。


国立教育政策研究所

OECD生徒の学習到達度調査2018年調査(PISA2018)のポイント


OECDの元データはこちら

PISA 2018 Insights and interpretations


巷のニュースでは、読解力の順位が下がったことや、コンピューターの使用率が低いことなどが取り上げられています。


みなさんは気にすることなく、とにかく自分の頭で考えた勉強を続けましょう。


そもそも、学びとは与えられるものではなく、自ら掴みとっていくものです。


誰かが作った教育システムは、国のためにです。


みなさん自身のための教育は、自分で選び、自分で学んでいくしかありません。


以下に自分で考えて、自分で学ぶことができているか、それがこれからの差になります。