【中学数学・学習法】自習で高校入試を乗り越えるおススメ参考書

学習サロンSELFのコンセプトは、「自分で学ぶ力・主体性を育てる」です。


これからの変化の速度が速くなっていくだろう時代において、常に勉強して、自分を成長させることこそが、社会の中で自分の望む人生を歩むための方法ではないでしょうか。


つまり、大人になっても、常に学び続ける力をつけることこそが、学生時代にやっておかなければならないことです。


ということは、人から教えられたまま勉強していたり、与えられたことだけ勉強しているだけでは、本当に身につけておく学び続ける力を身につけられていない可能性があります。


現代は、参考書もオンライン教材もたくさんある世の中です。どんどんと自分で学んでいきましょう!


今回は、紙の参考書を活用した自習方法をお知らせします。




自習で高校入試まで。中学生の数学おススメ参考書・問題集




1.数学が本当に苦手な人・授業でやっていない内容を予習したい人向け



 「中学数学をひとつひとつわかりやすくシリーズ」

  永見 利幸 (著), 学研教育出版



これは、まだ内容を習っていない人や、授業でやったけれどまったく分からなかった人向けの参考書です。解法の一つ一つを、書き込んでいきながら、身につけていくことができます。


あまりに細かい途中ステップがあるため、簡単だなと飛ばしてやりたくなってしまう人もいるかもしれませんが、それでも一つ一つやることは、数学において論理的に考えていく力を養うことになります。


左側に例題2~3問があり、右側に練習問題が10問程度あります。左側の例題を理解して、右側の練習問題をやるパターンですね。


単元ごとにまとめのテストがついているのもいいです。まとめのテストは、問題集に直接やらず、ノートにやって、全問正解するまで繰り返すといいでしょう。このまとめのテストができると、基本的な内容は理解できたといえるでしょう。


この問題集は薄いので、本気でやるとすぐに終わってしまいます。中1から中3まで、3冊に分かれています。とりあえず3年まで全部終わらせると、中学内容のすべてを一度やったことになりますので、自分のペースでどんどん進み、終わらせてしまうことをお勧めします。


というのも、高校入試の受験問題では、中学3年生で習う内容(展開・因数分解、平方根、2次方程式、相似、三平方の定理)が非常によく宿題されます。


だから、難しい問題に取り組もうと思う人は、とっとと中学3年間の内容の基礎は終わらせてしまったほうが、よいです。この3冊を、1日6ページやれば、2か月で1学年終わり、半年もあれば3年間の内容を予習できてしまいます






2.内容は授業で分かり、基礎から入試問題まで演習をしていきたい人向け


 「ハイクラス徹底問題集 数学シリーズ」

  文理出版